FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利とは、なんぞや?

以前に古書店で見つけたこんなもの。


DSCF0511_convert_20101203210809.jpg


昭和62年3月号の日本交通公社発行の時刻表です。
この号はJTB発行のもので「国鉄監修」の最後のものです。
コレが300円で手に入ったのだから、いい買い物だったかな?

調べてみたら、この頃は中曽根内閣。「アサヒスーパードライ」が発売されたのがこの月。
私は当時小学校卒業間近。若いというか、ガキんちょでした。

表紙は100系新幹線。定期ではまだ1日4往復で0系が主力の時代。
青函・宇高航路もバリバリ現役で、国鉄四国はこの月にやっと電化が始まる時期です。
付録のページを見るだけでも、国鉄最終日乗り放題の謝恩フリーきっぷの話題があったり
カートレインのお知らせがあったりと、これだけでもなかなか興味深い内容です。

パッと読んだだけでも当時は寝台特急や急行列車が数多く、一部では客車の普通列車も残っています。
「移動するだけ」なら現在よりも便利なのでは? と思ってしまうほどです。
当時のほうが鉄路に一体感があるように思うのは私だけでしょうか?


せっかくなので、試しに東京→大阪を昼間の普通列車で旅行したらどうなるか? 当時と現在を比較すると…

どちらも東京0607発の列車でスタートすると、大阪着が
昭和62年:1644     平成22年:1513

あら、今のほうが早い。
大垣~米原の本数が今よりもグッと少ないのと京阪神地区での新快速の利便性が悪いのが
影響しているようです。

当時のダイヤであっちこっち仮想旅行をしてみるのも面白そうです。
今よりもずっと楽しいんだろうなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

古い地図とか時刻表を見ていると、不思議と子供の頃のことが細かく思い出されます。
さういう意味では、これらの古書はまさにタイムマシーンですね。
国鉄最後と言えば、JR移行前に伴い、結構いろいろな車両の整理が始まった頃です。全廃したもの、減車されたもの、いろいろありましたなぁ。
国鉄解体は労組解体が目的やとウィキリークスに書いてありました。←ウソで~す・・・・(^_^;) でも、そういうことだと国鉄関係者から聞きましたけどね。

Re: No title

>>鉄道模型模型大好き人さん
いつもコメントありがとうございます。

車両の整理…そうですね。VVVFだとか、技術の過渡期でもありましたから、
子どもながらに新しい時代の到来にわくわくしたものです。ただ、だんだんと
個性が失われていくとはこのときは全く思ってませんでしたけどね。
組合の解体…なるほどそういうこともあったんでしょうね。今でも
某千○ではまだ組合活動が活発なようですが、そういえば最近
ストライキなんてこともなくなりましたからね。不謹慎ですが、ガキのころは
春闘なんかで電車が止まってるなんてニュースを見て、会社や学校が
休めるんだ! なんてコトを考えてしまってました(苦笑)。
プロフィール

ハッピーライフ!

Author:ハッピーライフ!
take it easy…O部Y雄元騎手の名言。
下手でも気楽にマイペースで。とあるサラリーマンの模型いじりと日常を綴ったブログです。
更新頻度はかな~り緩いですが、お付き合いくださればこれ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。