スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構想を、練る。

今日は自分へのメモ書き程度の内容ですので…

たぶんパッと作り上げていくには、それなりの計画力が大事かと。
どんなものを使うか、アレンジするか? 考えてみました。

土台は今回は既製のレイアウトパネルを使う。理由はタテ、ヨコが正確だから。
300×900mmの中に複々線+引き込み線が入るから余裕が少なくなりそう。
あと、高さの問題。チーム押上の規格では線路高さが100mm。でも将来他の団体・サークルのレイアウトとつなげる際に自在性があったほうがいいので、アジャスタボルトを付けてみよう。
地平部分なのでスタイロフォームとかはいらないかな。持ち運びに不便そうだし(何度も書きますが、私、免許ありません。電車に載せて運ぶのか…)。

アクセントになる陸橋の表現。最初に考えたのはKATOの複線プレートガーター橋から線路を引っこ抜いたものをアレンジする方法。
実際に家にあるやつを分解してみたが、微妙に幅が狭く、微妙に短い。真ん中からぶった切って幅を作るしかないのかな?ここはもう少し考える必要あり。
橋桁は紙を上手く使う方法があるようなのでそれを参考に。

今回製作するにあたり意外にあちらこちらで出てくるのが、フェンス
既製品でエッチング仕上げのものとか、透明なプラ板?にプリントされたものとかあるみたい。
でも、これも一部は自作したい。ラジコンとかに使う金網が有効とのこと。やってみよう!

さらに難関なのが線路。複線の間が少し開いていて、4線すべてが等間隔ではない。KATOの複線線路では表現が難しい。また、架線柱がTOMIXのものが最適なようで、それにあわせた37mmを基準に考えたい。結合部はそれぞれ2mmずつ詰めて33mmにすればよい。レールは中央部はPC枕木のPECO製、それにジョイントレールを組み込ませた形。

あとは細かいもの
草木・ガードレール・歩道橋部分。照明灯や道路標識、キュービクルやエアセクション標識、下り本線信号、引き込み線ポイント、車止め、側溝…このあたりは秋葉原のお店を回って大体めぼしがついた。
塗料も勉強した。アクリル・ラッカー・エナメル・パステル・マーカーetc.

とコレで必要なものは大概揃いそう。
実はすでにガードレールと架線柱は買ってしまった。

さあ、買っちゃったぞお~! 次はいよいよ土台から!

スポンサーサイト

まずは下見から。

先日、我がチーム押上の2013年JAM出展に向けたミーティングを行ないました。

で、決まったこと…

①各自持ち寄りモジュールを作る!
中央林間⇔渋谷⇔押上⇔久喜・南栗橋のどこか一部分を切り取り、デフォルメしたもの)

②レールはKATO製を基本、複線の場合、間隔は33mm

③路面の高さは100mmとする

…①については現在作業中のの押上駅レイアウトはまず間に合わないということで、個人の時間を有効に活用して持ち寄りレイアウトを作って組み合わせることで出展を目指すということ。
※最新の作業の進捗状況はこちらをご覧ください。

②はウチのメンバーはKATOユーザーが多いため。

③は他の方々のものを参考にした結果。


さて、共通事項が決まれば早速実行に移すのみ。
まずはロケハン。

結局切り取った場所は東武線の西新井-竹ノ塚間の「栗六陸橋近辺」としました。
ココは私が幼少期から過ごした場所。物心ついたときにはこの風景が当たり前で、日常を再現するにはベストと判断しました。

前日にとりあえずグーグルプ○スで下調べ。
ん、最近あまり通ってないから記憶と違う。やっぱり見に行かなきゃ。

というわけで今日の午前中、行ってきました。
朝10時前後。昔、学校の先生が「宿題は涼しいうちに!」と言っていたので日の登り切らないうちに出陣!

が、暑い。裸でランニングするオッサンがいる!うーん、さすが足○区だなぁ…

で、陸橋はこんな感じです。
DSCF0596_convert_20120913193929.jpg

下から見るとこう。高さを感じます。
逕サ蜒・004_convert_20120913194059

横から見たのがこちら。線路の上はRがかかっていないのが分かります。
逕サ蜒・034_convert_20120913194245

ところが実際に登ってみると道が丸くなっている…これは表現難しいぞ!
逕サ蜒・045_convert_20120913194411

実はこのあたりは東京メトロ千住検車区竹ノ塚分室があり、その引き込み線も少々レイアウトに入ることになります。写真は非常に見づらいですが、車止め付近。
逕サ蜒・063_convert_20120913194616

他にも写真はいっぱい撮ってきました。40手前のオジサンが小学校の付近でパシャパシャ、よく通報されなかったな。
線路はほぼ南北に走っており、東側には公園、西側には小学校があります。ただ、幅は300mmの予定ですので、すべてを再現するのは厳しいかと。とりあえず陸橋の中央部分と東側の一部を切り取り、プラス引き込み線を追加する形でいければいいなと考えています。チャリンコで10分も掛からないのでこれからちょくちょく見に行くと思います。

さあ、これからが大変だ!とりあえず出展の説明会があると思われる2月までにある程度はやっつけたい。ねじり鉢巻きでがんばります!

お散歩。

今日はあの「汎用型ネコ型ロボット」の生誕100年前だとか。川崎市では住民票登録が行なわれたり、香港でもイベントがあったそうな。果たして100年後、本当に生まれてくるのか? ま、その頃には骨と灰になってるから、オレっちには分かんねぇや。

さて、ようやく動きそうな? モジュール作成。チーム押上としての作業も進めつつ、個人でも作ることになりました。具体的には今度の土曜日に決めるのですが、どんな風景を切り取ってみるか、ロケハンというわけではないのですが、先日ちょっと沿線をぶらぶらしてみました(相変わらずの行き当たりばったりで、写真はありません)。

鐘ヶ淵駅…かつてはダイヤモンドクロッシングもあったカーブ状の退避駅。この日は8000系リバイバル電車が動くとのことで同業者がいっぱい。保線用の車両があったり、駅前も交番だとか地下道だとか踏切だとか再現したら面白そうなところばかり。構内がクネクネなので実際模型を走らせるのには苦労しそう。

堀切駅…個人的にも大好きな「3年○組金○先生」のロケでも有名。ここもカーブになっている。駅前はショボいラーメン店があるだけ。すぐ傍には荒川の河川敷。中学校は今は東京未来大学になっている。水辺の再現が難しそう。あっ、ちなみに私の母校(高等学校)も○八先生のロケに使われたんですよ(軽く自慢)。

梅島駅…ハイ、地元です。変則相対式と呼ぶのか、上りホームと下りホームが一直線につながっています。全長は300mを超えます。複々線、しかも高架。どの部分を切り取るか? 緑がほとんどないのが寂しいかな。

とある高架…国道○号線とのクロス地点。高架下は放置自転車の収容施設。北側には都立高校の校庭。駅と比べれば初心者でも再現しやすそう。でも複々線。奥行きをどう表現するかが大変そうかな。

うーむ、もう挫折しちゃいそう(笑)。でもいずれも面白そう。決めちゃえばあとはエイヤーで何とかなるのかもしれません。土曜日の活動が楽しみです。
プロフィール

ハッピーライフ!

Author:ハッピーライフ!
take it easy…O部Y雄元騎手の名言。
下手でも気楽にマイペースで。とあるサラリーマンの模型いじりと日常を綴ったブログです。
更新頻度はかな~り緩いですが、お付き合いくださればこれ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。