スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンニクいれますか?

西武、負けちゃいました…


でも来年にむけて投手力の強化というはっきりした課題はできましたし、
渡辺監督が来期も指揮を執ってくれますし、
なにより、2年ぶりのAクラス確保! 良しとしましょう。

中島選手がメジャー移籍の話もチラホラ。寂しいですが、頑張ってほしいものです。



以前お話した「ラーメン二郎」のその後ですが、

その後もいくつか店訪を重ね、ようやく残り35店中9店となりました。
その1軒、「めじろ台法政大学前店」を紹介します。

実は私、運転免許を持っていません。特に必要だと思わなかったので取得しなかったのですが、
この日ばかりは車があればと思いました。
我が家からまず新宿まで約1時間。で、京王線に乗り換えまして40分ちょっと。
降り立っためじろ台駅からはさらに学生さんいっぱいのバスに揺られて10分。

何となく林の中にある感じ、すぐ先には高尾山ですから、ラーメン食べるのに
ちょっとした遠足気分になります。
開店時間のちょうど10分前に到着。ラッキーなことに先待ちは1人、
いわゆる“ファーストロット”にありつくことができました。

中はご主人と奥さん、助手のおばさんの3人。
小ラーメンのヤサイ・ニンニクをオーダーしたのですが、
噂どおりおばさんのヤサイの盛りが多い! しかもキャベツ率高め
シャキシャキであごが疲れるほどです。

もちろん麺もホギホギでスープもちょうどよい濃さ。ぶたもフワフワで旨い!
おなかもいっぱい、非常に満足する一杯でした。これで650円、価値があります。


あと残っている場所は栃木や茨城といった免許なし人間には非常に遠いところも含まれています。
完全制覇はどうやら来年になりそうですが、まだまだ中毒になる一杯を求めて
関東平野をさまよい続けます!



スポンサーサイト

一郎? 二郎? 三郎? 

今日は食べ物のお話をひとつ。

皆さんは「二郎」というラーメン、いや食べ物をご存知でしょうか?

東京を中心に広がっているこのラーメン屋。いわゆるとんこつ醤油味のラーメンなのですが、
普通のサイズでも通常の2倍はあろうかという麺の量、パンチのある脂ぎったスープ、
厚切りの煮豚、ドッサリ盛られたもやしとキャベツ。
そこににんにく野菜の増量背油醤油だれをお好みで追加することができます。

10数席のカウンターがあるだけの狭い店に、この味を求めて昼夜問わず行列をしています。どの人もそのブツをむさぼるように黙々と食べ、満足して帰っていきます。

私も含めた大概の人が、その圧倒的なボリュームと味のインパクトに

「もう二度と食うか!」

と半分は残して店を後にします。しかし暫く経つとまた無性に食べたくなり行列に並んでしまう。やがてその魅力に取り付かれて食べてしまうという変わった食べ物なのです。

詳細は「ラーメン二郎 PC店」をご覧下さい。
http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/3433/
さて私も何度か訪れているのですが、今日は港区にある「三田本店」を訪れました。
ここは二郎の発祥の地(正確には違うそうですが)で、創業者が自ら厨房に立ち
ラーメンを提供してくれる店です。

幸いにして外に並んでいるのは私を含めて5人。すぐに席に着くことができました。
出来上がり時に「ヤサイ」と追加をお願いしていよいよ着丼。
ホギホギ、ゴワゴワの麺に醤油だれの効いたスープ、分厚い豚。
どれをとっても今日はおいしい!
これだけたべられて600円は安い!慶応義塾大学のすぐ横、
これなら学生さんに愛されているのも納得です。

実はこの二郎、全部で直系のお店が三十数店舗あり、やっと2/3を回ることができました。
いつか全店制覇を目指したいのですが、最近おなかがちょっとヤバくなってきました



プロフィール

ハッピーライフ!

Author:ハッピーライフ!
take it easy…O部Y雄元騎手の名言。
下手でも気楽にマイペースで。とあるサラリーマンの模型いじりと日常を綴ったブログです。
更新頻度はかな~り緩いですが、お付き合いくださればこれ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。